歩くだけダイエット

「歩くだけダイエット」須藤桂一。講談社。

この本は、ウォーキングでやせる本かと思って手にとってみましたが、足におもりをつけて生活することでダイエットしていこうというけっこうレアものダイエットです。

つまり、通勤か通学するのに朝、家を出るときに足に巻き付け式のウエイトを足首に巻き付けそのまま1日を過ごしましょう。
そうすると、半年後にはやせますよという方法です。

究極のながらダイエットだと思いますが、巨人の星の星飛雄馬が大リーグ養成ギブスを付けて、1日生活していた様子を思い出します。
人にばれるとたぶんかなり恥ずかしく、変人扱いされること大です。

でも、1日は無理でも、ウォーキングを足におもりを付けて、30~1時間程度行うという方法であれば、実行可能です。

では、詳しく見ていきましょう。

まず、足に付けるおもりですが、これは、よく、ケーオーD2などのいろいろな木材とか文房具などを売っている雑貨店などに行くと安く売ってます。

マジックテープで締め付ける形状になっているおもりです。アンクルウエイトというようです。

男性は1.5KGから始めて3KGぐらいまでのおもりを使います。女性は1KGから始めると良いようです。

アンクルウエイトは座ったときに、見えてしますとかっこ悪いので、くつ下でかぶせて履くのがいいかもしれません。
効果は半年から1年後くらいに現れるということで、ちょっと遅いですが、長く続けて、すこしづつ筋肉を付けて、リバウンドをしないといことで良いかもしれません。

このアンクルダイエットがなぜ良いのかということをまとめてみます。

体全体の筋肉の7割は、おへそから下についています。
基礎代謝を上げるには大きな筋肉から鍛えていくことが効率的なのです。
ですから、大きくて強い筋肉を持つ下半身に負荷を加え、鍛えることは理にかなっていると言えます。

筆者は3年間これをやり続けて、腰痛の心配もなく、スキーやゴルフといった腰に負担のかかるスポーツを楽しんでいるということです。

数字の上で効果を考えてみると、仮に1時間のウォーキングで計算してみます。
アンクルウエイトを付けて歩くと、普通に歩くより、エネルギー消費量が10分あたり13Kcal増加します。
そうして、これを1時間のウオーキングで考えると、エネルギー60Kcal程度増加したことになり、1月継続すると、約1800Kcalのエネルギーを消費したことになり、体脂肪に換算すると約257グラム減少します。

つまり、この「歩くだけダイエット」を継続すれば、摂取エネルギー量を変えなくても4か月で体脂肪が約1キロ減少することになります。

これは運動だけの体脂肪の減少なので、理想的なダイエットといえるかもしれません。

1日1時間歩くのはけっこうきついので、1日30分でウエイトを少しづつ上げていく方法が良いかもしれません。

奨学金