豆乳ダイエット

「豆乳ダイエット」」とは、食事の前に豆乳を飲むダイエットです。では、豆乳とは一体何でしょうか?大豆です。大豆をつぶして、水にひたして、それをこしたものです。だから、大豆なのです。だkら、低カロリーで低コレステロールです。豆乳の植物性のたんぱく質は脂肪を効率よく燃焼させます。食前の豆乳は腸の余分な糖質な脂肪を吸収させにくくします。また、善玉コレステロールを増やし、便秘を防ぎます。基礎代謝を高めます。飲む時間は食事の30分前がよいです。そうすると、満腹感を覚え、食事の量を減らすことができます。これは重要です。どの豆乳が選んで飲めばよいのか?というのは実は豆乳には三種類あるのです。成分無調整豆乳、調整豆乳、豆乳飲料の三種類です。この中で一番ダイエットに適しているのは、やはり、成分無調整豆乳です。ただし、お察しの通り、これは、大豆そのものですので、臭みがあるのです。そうです、飲みにくいです。ここが一番のネックです。
次にどれくらいの量摂取すればよいのか?これについては、1日に70~75mgがよいです。これ以上とると、女性ホルモンのバランスが悪くなって、生理不順になる可能性があるということです。
牛乳ではいけないのか?牛乳のカロリーの3分の1程度のカロリーが豆乳ですので、こちらの方がダイエットには適しています。でも、カルシウムの量は牛乳の5%ほどしかないので、 注意が必要です。
豆腐でも良いのではないか?豆腐でも同じ大豆なので良いと思いますが、豆腐は飲むというより、料理になってしまうので、食事の前に飲むというより、食事の前に食事になってしまいます。また、調理をしなくては、いけませんので、手間がかかります。
もし、豆腐を使ったダイエットをするなら、1食を置き換えてダイエットという形になるでしょう。
また、豆乳は液体ですので、吸収しやすいので、ダイエットには効果が現れやすいと思います。まとめますと、食事の前の30分前に70mg豆乳を飲む。とにかく続ける。そうすると、いつの日かきっとやせています。あるいは、やせやすい体質になっているはずです。
補足ですが、最近は人気の豆乳クッキーというのがあります。豆乳の臭みなどもなく、おいしくなっているようです。これも、食事前に取るというより、1食を置き換えるダイエットの方がよいでしょう。
しかし、豆乳ダイエットには大きな欠点があります。自分にとっては、致命的な欠点で実践できません。それは、値段が高いということです。ですから、豆乳クッキーダイエットをやるなら、短期勝負の置き換えダイエットしかないでしょう。

奨学金